Doorkeeper

JSUG勉強会 2019その1 Spring Data JDBC正式リリース記念!データアクセス特集

2019-01-31(木)19:00 - 21:00

Pivotal Japan

東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー20F

申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料
今回はピザ、ドリンクは用意しません

詳細

⚠️ お願い

アンケートの「名前(カタカナ)※フルネームでお願いします」には名前のカタカナをご記入ください
漢字やローマ字で記入される方がいますが、受付の際に困りますので、正しくご記入ください。

登録時のアンケートにドタキャンしないにチェックしたにも関わらず、当日欠席の方が多数見受けられます。
次回以降、当日欠席された方の名前を列挙することも検討しておりますので、欠席される方は前日までに欠席の処理を済ませるようにお願いいたします。
🚨2回連続ドタキャンした方は名前を列挙します。

タイムテーブル(予定)

時間 タイトル 発表者
18:30-19:30 受付
19:00-19:50 Springのデータアクセスを基礎から総まとめ -Spring JDBC、MyBatis、JPA、その他もろもろ- 株式会社カサレアル 多田 真敏
19:50-20:10 休憩
20:10-21:00 早わかりSpring Data JDBC Acroquest Technology株式会社 進藤 遼

セッション概要

Springのデータアクセスを基礎から総まとめ -Spring JDBC、MyBatis、JPA、その他もろもろ-

Springに限らず、Javaのデータアクセスライブラリ(いわゆるORマッパー)は多数存在します。
このセッションでは、まず何故ORマッパーというものがあるのかという前提から入り、次にORマッパーをいくつかのタイプに分類し、タイプごとに概要・メリット・デメリットを解説していきます。
ご自身のプロジェクトでどのデータアクセス技術を使うか、意思決定する際の助けとなるセッションです。

早わかりSpring Data JDBC

Springでよく使われるデータアクセスライブラリの一つはSpring Data JPAです。
Spring Data JPAは遅延ローディング、キャッシュなどを持ち高機能である反面、
JPA特有のハマりポイントがたくさんあるのも事実です。
新たにリリースされたSpring Data JDBCはJPA抜きでSpring Dataを使うためのライブラリです。
このセッションではその概要とメリットなどについてご説明します。

発表時間は当日の流れで変わる可能性があります。

六本木ヒルズ森タワー2Fで受付を行います。
受付にてスタッフに名前、会社名をお伝えいただき、入館証を受け取ってください。
その後入館証を使って3Fのゲートを通り、20Fへお越しください。

受付は19:30まで行っております。
19:30を過ぎると受付できないため、早めにお越しください。
よろしくお願いします。

コミュニティについて

日本Springユーザ会

日本Springユーザ会

日本におけるSpringの情報交換の場を提供します。 Facebook : https://www.facebook.com/JapanSpringUser?ref=aymt_homepage_panel URL:http://www.springframework.jp/

メンバーになる