66444 normal 1508237392 jsug little

JSUG勉強会 2017年その8 赤帽子参上!

2017-10-27(金)19:00 - 21:00

レッドハット株式会社 本社 5Fセミナールーム

東京都渋谷区恵比寿4丁目1番18号 恵比寿ネオナート5階 レッドハット株式会社 本社 5Fセミナールーム

suzukij 谷本 心 Ken Koizumi Yuki  Yoshida Takuma Watanabe tsuda7 Masanobu Hatanaka Chihiro Ito yicwtnb もちださん Tomoya kitaji0306 Masanori Takami kameyama Yuki Takahashi k.s. + 57人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

タイムテーブル

時間 タイトル
18:30-19:00 受付
19:00-19:50 Spring Boot on Kubernetes/OpenShift 前半
19:50-20:00 休憩
20:00-21:00 Spring Boot on Kubernetes/OpenShift 後半

会場となるセミナールームまで直接ご来場ください。セミナールームの入り口で受付を行います。

*留意事項
・セミナールームの入場時にご本名での受付を行いますことをご了承ください(災害時などに安否確認のために利用することが目的で、営業活動などそれ以外の用途には利用いたしません)
・セミナールーム入口にある無料の自動販売機は利用しないでください

セッション詳細

Spring Boot on Kubernetes/OpenShift

講演者

須江 信洋 (@nobusue) レッドハット株式会社

概要

Javaでマイクロサービスを実装する場合、現時点で最も有力な選択肢はSpring BootとSpring Cloudの組み合わせではないでしょうか。また、マイクロサービスに求められる"Cloud Native"な特性から、デプロイメントの手段としてコンテナを選択することが多くなってきています。
このセッションでは、Spring Boot / Spring Cloudベースのマイクロサービスをコンテナ化し、コンテナ基盤(Kubernetes/OpenShift)にデプロイするために有用なFabric8 Maven Pluginと、Spring Cloud Kubernetesについてご紹介します。
Fabric8 Maven Pluginは、Mavenのビルドプロセスに「Spring Bootアプリケーションのコンテナ化」と「Kubernetes/OpenShift環境へのデプロイ」の機能を組み込むもので、開発時におけるコンテナ基盤とのシームレスなインテグレーションを提供します。
Spring Cloud Kubernetesは、コンテナ化したSpring CloudベースのアプリケーションをKubernetes/OpenShiftの機能を活かしたアーキテクチャに移行するために役立つインテグレーション層を提供します。これにより、Netflix OSSなどを用いたアーキテクチャから段階的に移行することが可能です。

コミュニティについて
日本Springユーザ会

日本Springユーザ会

日本におけるSpringの情報交換の場を提供します。 Facebook : https://www.facebook.com/JapanSpringUser?ref=aymt_homepage_panel URL:http://www.springframework.jp/

メンバーになる